やへむぐら 季節のイラスト

無料イラストと日々の雑感

龍田姫

夏のつつ姫に続き、龍田姫は秋をつかさどる女神様です。 龍田姫 yaemugura.hatenablog.jp これで四季の姫シリーズがでそろいました。 他に、季語の中でシリーズっぽいものを探してみました。 春 「山笑ふ(やまわらう)」 夏 「山滴る(やましたたる)」 歳…

赤蜻蛉

ミヤマアカネのような赤とんぼは、庭の草木にとまってじっとしていることが多いので観察しやすいです。 赤蜻蛉 気のせいかもしれませんが、ウェイン・ショーターの"Infant Eyes"という曲が、童謡の「赤とんぼ」に似ている気がします。 Speak No Evil アーテ…

野菊

野菊は鄙びたイメージですが、ちょっとおめでたい感じの紅白の花にしてみました。 野菊 やわらかくなりたい 運動不足なので、歩くことは心掛けていますが、外に出るとコンビニでお菓子を買ってしまうので体調管理にはなっていません。 ( ´△`) テニスの試合…

泡立草

「憎まれっ子世に憚る」のセイタカアワダチソウです。 写真は、東京オリンピックの会場のひとつとなる有明アリーナが建設される(はず)の場所です。今はこの通り草ぼうぼうです。 この近辺をちょっと散歩してみます。 上の写真で、野原の奥の木が生えている…

ハロウィン

ハロウィンは歳時記には載ってないようですが、昨今の盛り上がりを見ていると季語となるのも時間の問題という気がします。 ハロウィン 歳時記には「クリスマス」など、外国の行事もたくさん載っていますが、その中には日本語に訳しているものもあります。 イ…

沙参

公園の片隅で行われていた山野草展で、岩沙参(イワシャジン)があったので描いてみました。 ほんとうは、単に沙参というと、釣鐘人参(ツリガネニンジン)を指すようです。どちらもキキョウ科ツリガネニンジン属ですが、釣鐘人参は花のつき方が岩沙参と違い…

紫苑

秋の花で、カンナは熟女っぽいと書きましたが、シオンは清楚な少女といった感じがします。 紫苑 はじめての川越 東京に住んでいながら一度も行ったことがなかった川越に行ってみました。 10年以上前のドラマで「マンハッタンラブストーリー」というのがあり…

珊瑚樹

サンゴジュの名前は真っ赤な実を珊瑚に例えたものですが、和色で珊瑚色というと桃珊瑚の色を指すようです。サンゴジュの実の色は血赤珊瑚に近いと思います。 珊瑚樹 映画の日に、「シン・ゴジラ」を観にいってきました。 電車や重機が活躍するところとか、第…

普段よく食べるエビですが、ムカデやダンゴムシに近い生物らしいです。だったらイナゴの佃煮だって抵抗なく食べられるはず。でも無理。 蝗 この間つくった柚子胡椒用の匙ですが、 零式 短かすぎて中身が減ってくると非常に取りづらい また、くぼみに入り込ん…

紫式部

秋はいろいろな木の実がなりますが、赤や茶色のものが多いですね。ムラサキシキブはその名のとおり紫色(藤色といったほうが近いかな)の小さな実がつきます。 紫式部 学名は Callicarpa japonica で、日本の植物として知られているようです。 またまた木っ…

露草

近所に、葉のふちがフリルになっているツユクサが密生している場所がありました。 田舎では花びらが白っぽいツユクサを見ることもあり、微妙なバリエーションがあるようです。 露草 棚を作ったときに余った板の使い途はないかと考えておりましたが、柚子胡椒…

小水葱の花

コナギは、水草の一種です。かわいい花ですが、ホテイアオイ同様水田で稲に害をなす雑草として嫌われているようです。 小水葱の花 この間ディアウォールでカレンダー掛けをつくってみましたが、 yaemugura.hatenablog.jp その後、連れがDIYに目覚めてしまい…

蜉蝣

はかないものの象徴でもあるカゲロウですが、大量発生して地面を埋め尽くすこともあるようです。文字通り必死なんでしょうね。 蜉蝣 「かげろう」を漢字変換すると、ここでいう「蜉蝣」のほかに、「陽炎」、「蜻蛉」といった漢字も出てきます。 陽炎・・・日…

藪枯

ヤブカラシは街中の金網フェンスなどにからみついているのをよく見かけます。藪を枯らして生い茂っていくことからこの名前がついたそうです。貧乏蔓という別名からしてあまり好まれてはいないようですが、おひたしや天ぷらにして食べることもできるそうです…

カンナ

カンナは大振りで強烈な色彩なので、女性に例えると熟女というイメージがあります。 カンナ 東京休日ランチ 築地市場場内のイタリア料理店のトミーナにお昼を食べにいきました。ワタリガニがまるごと一杯でーんとのっているパスタがお気に入りなのですが、こ…

芙蓉

芙蓉の花は朝咲いて夕方にはしぼんでしまいますが、花が咲き続ける期間はけっこう長いです。 芙蓉 「酔芙蓉」という種類は、朝白い花が咲き、昼にほんのりピンク色になり、だんだん色が濃くなっていくそうです。酔って赤くなる様に例えてそういう名前になっ…

雪迎へ

蜘蛛は孵化してしばらくすると、糸をつけたまま風に吹かれていきます。これが見られる頃から雪が降りだすため、この様子を「雪迎へ」といいます。 実際、見たことはないので想像で描いてみました。 子蜘蛛は上昇気流にのって、かなり遠くまで飛んでいくそう…

連雀

連雀は渡り鳥で秋に日本にやってきます。飛来数は年によって、多かったり、全く見られなかったりするそうです。 連雀 みきゃんのピンチ ゆるキャラグランプリで、愛媛のみきゃんがトップを走っていましたが、ここへきて静岡の「出世大名家康くん」に猛追され…

仏手柑

仏手柑は鹿児島で生産されるミカンの一種です。酸っぱいので生食にはむきません。 フォックスフェイスも仏手柑のような鑑賞用のミカンだと思っていたのですが、ナスの仲間でした。 仏手柑 10年ぶりの東京モーターショー 土曜日に東京モーターショー2015に行…

菊は四君子(しくんし)の一つであり、秋を代表する花とされます。 蘭(春)、竹(夏)、菊(秋)、梅(冬)が、草木の中の君子とされ、東洋画で、これらを描くことにより基本的な筆遣いを全て学べるということです。 ペンタブ遣いも学べますかどうか。 菊 …

コケモモ

コケモモは花は夏ですが、秋に赤い実をつけます。 ジャムにして食べたりしますが、クランベリーとは別物だそうです。 コケモモ おススメ(?)コメディー映画 ダニー・トレホというコワイ顔の俳優さんは、いつもは悪人の脇役が多いんですが「マチェーテ」と…

キクイタダキ

菊戴は、頭に黄色の冠毛があるのでこの名がついています。オスには赤い斑があります。 キクイタダキ 鳥の絵は難しいです。かといって写真に撮ろうと思うともっと難しいです。 毎年、春になるとメジロをよく見かけるので、写真に撮ろうとがんばっているのです…

ツルウメモドキ

蔓梅擬。秋に美しい実がつくので、生け花や盆栽に使われます。リースにしてもかわいいです。 ツルウメモドキ テレビ録画が・・・ 先日、テレビ番組を録画していたハードディスクがぶっとんでしまいました。 家人がなんとかすると言ってましたが、しばらく家…

葛は秋の七草のひとつです。 葛 テレビで「和風総本家」を見ていたら、葛布という、葛の茎から作った織物を紹介していました。葛の根っこから葛餅ができますが、茎も利用されていたんですね。 葛布のシェードはいい風合いがでていましたが、ものすごく手間ひ…

野葡萄

ノブドウは、ブドウとは別属で食用にはできませんが、色とりどりの実がきれいで、盆栽として楽しむ方も多いようです。 野葡萄 ノブドウを食用にしないのは「不味いから」ということですが、「美味しいから」と言ってどんどん食べていいかというと、そうでも…

ムカゴ

ムカゴは秋になると山芋などの植物にできる肉球です。 以前知り合いから庭になってたというムカゴをたくさんもらったのですが、ゆでて食べてみると、とてもエグくて「食えたもんじゃない」と捨ててしまいました。えぐみをとるためには、塩水にしばらくつけな…

藍の花

藍の花はピンク色なんですね。染料をとるのは葉っぱからだそうですが。 藍の花 江戸時代は、徳島が藍の一大産地でしたが、全国で作られるようになりました。外国人が日本人の青い着物を見て「ジャパンブルー」というようになったらしいです。 藍色といっても…

桃吹く

コットンツリーのことです。棉の実から、桃のような形に綿がふき出す様子を「桃吹く」というそうです。 クリスマスの飾りに使われたりするので冬のイメージですけどね。 桃吹く 前に鳥取にスタバができたとかでニュースになっていましたが、愛媛では東急ハン…

セキレイ

鶺鴒は街中でもよく見かける鳥です。白とグレーのがよくうろうろしていますが、お腹の黄色いキセキレイというのもいます。こちらは四国の田舎にいるときでも年に1,2回しかお目にかかりません。 セキレイ GIFアニメーション その2 初めて作ったGIFアニメー…

大宰府天満宮の梅の木の下でひょうたん酒を呑むと、災難除けとなるそうです。 瓢 実家の全集ものの本を整理しようとしたのですが、買取してくれるところがみつからず(在庫過多だとか)、しょうがないので、少しづつ捨てることにしたんですが、その前にちら…

秋果

果物がおいしい季節となりました。 秋果 愛媛はキウイの産地でもあります。去年は「キウイかいよう病」が拡がって大変だったようですが、なんとか終息したみたいです。 レインボーキウイというを去年初めて食べました。 切ってみると、中心の種の部分はイチ…

ホトトギス

秋も深まり、庭もさびしいかぎりですが、ホトトギスが唯一の彩りです。 花が、ホトトギス(鳥)の胸の模様に似ているとうことで、この名前だそうですが、どっちかというと、蝶や甲虫っぽいと思うんですが。 ホトトギス マイナンバーが通知されますが・・・ …

曼珠沙華

彼岸花という呼び名が一般的だと思いますが、季語としては曼珠沙華が基本だそうです。 お彼岸の時期に行った福岡では、白い彼岸花もよく見かけました。 曼珠沙華 アニメーションGIFにトライ GIMP で、アニメーションGIFが作れるようなので、ときどき見かける…

カボチャ

夏のことですが、庭で作ったというカボチャをいただきました。でも普通のカボチャと違う感じ(イラストのような形)です。 ググってみるとコリンキーという品種のカボチャとわかりました。育てたご当人は「コリンキー」という名前は聞いたことないようで、カ…

テンツキ

天突は日本中どこでも見られるカヤツリグサの仲間ですが、秋らしさを感じます。 テンツキ キンモクセイとカツカレー 王至森寺のキンモクセイ 先週愛媛で、国の天然記念物というキンモクセイを見に、王至森寺(おしもりじ)というお寺に行ってみました。 たし…

秋草

昼間は汗ばむぐらいなのに、朝晩は冷え込んで、着るものに困る今日この頃です。 道端の秋を思わせる草を描いてみました(アイダクグかヒメクグの類)。 秋草 季節のイラストを写真共有サイトのフォト蔵においていますが、フォト蔵では半月ごとに、あるテーマ…

ナナカマド

七竈は、七度竈(かまど)にくべても燃え残るというところからついた名前だとか。赤い実がつきますが、もうしばらくすると葉も紅葉します。 ナナカマド イギリスの小説を読んでいて、「車をナナカマド色に塗装した」という箇所があって、そのころはナナカマ…

ザクロ

「柘榴の花」は夏の季語ですが「柘榴」は秋の季語となります。 昔、食べ過ぎて気持ち悪くなって以来食べていませんが。 ザクロ ザクロの表面は、Inkscapeの[フィルター]ー[テクスチャ]ー[フェルト]をかけて、その上に半透明のオブジェクトをかぶせてみました…

月見

明日、旧暦8月15日(9月27日)は「中秋の名月」です。 月見 竹炭で除湿 実家の湿気がひどいので、タンクタイプの除湿剤を置いていましたが、ごみが多くなるので、いろいろ調べた結果、下記の理由で竹炭をおいてみることにしました。 除湿だけでなく、消臭もで…

お彼岸はお墓参りなどであちこち行って、ブログはすっかりサボってしまいました。 萩 北九州市の折尾でうろうろしていたら、高台にしては大きい池があって、敗荷と萩のコラボが見られました。↓ 折尾駅は日本初の立体交差駅であり、最近は見かけない駅弁(か…

センブリ

とても苦いので罰ゲームに使われることの多い千振です。 胃薬としてだけでなく、発毛にも効果があるとか。 センブリ ペンタブを使い始めて半月ほどたちましたが、ときどき筆圧感知が効かなくなったり、ペン先の動きから、いくぶん遅れて描画されたりして、「…

クツワムシ

この間、ホームセンターで、クツワムシが売られていたので描いてみました。 「ガチャガチャ」という鳴き声も轡虫の子季語となるそうです。 クツワムシ ホームセンターのペット売り場は、無料の動物園(水族館)みたいに思っているのでよく行きますが、ネコの…

檀の実

檀と書いて「まゆみ」と読みます。この木で弓を作ったことからこの名前がついているそうです。 晩秋に実が割れて、赤い種が顔をのぞかせる様が可憐です。 檀の実 檀(だん)という苗字は、なかなかかっこいいと思いますが、有名人でこの苗字の人というと、女…

毒茸

日本に自生する毒茸で一番危険なのがドクツルタケだそうです。食後、腹痛などの症状が出ますが、いったん治まって、一週間ほどしてから肝臓や腎臓の障害が現れるそうです。 怖いですね。(美味しいらしい) Inkscape使用フィルター キノコのかさ [マテリアル…

ショウキラン

ショウキラン(鍾馗蘭)は光合成をしない蘭の一種だそうです。そう言われたら、緑色の部分がなくて、茎はウドや白アスパラみたいです。 (背景の模様は、Inkscape[フィルター]ー>[オーバーレイ]ー>[スペックル]です。) ショウキラン 缶詰のアスパラガスだ…

カマキリ

カマキリやクモは、でかいのがいたら怖いけど、蚊とか食べてくれるので感謝の気持ちで接します。 カマキリ これはGIMPのみで描いてみました。まだペンタブに慣れなくて細かいところにアラが目立ちます。蒔絵などを描く職人さんは、ほんとすごいわ と改めて思…

アケビ

アケビの収穫量は山形県がダントツみたいですが、2位が愛媛県になっています。食べた記憶がないですが今度実家に行ったら探してみようかと思います。 アケビ 学校の帰りに、道端に生えている「たしっぽ」という草をよく食べていました。後年調べたら「たしっ…

うり坊

イノシシの子は春に生まれるものですが、秋に山から下りてきて人目につきやすくなるため秋の季語となっているそうです。 ウリ坊 カピバラじゃないですよ。 FFTの思い出 昔よくファイナルファンタジータクティクス(FFT)をやっていました。永久リレイズ効果の…

猿酒

猿酒とは、猿が岩の窪みに木の実などをいれておいたのが自然発酵してできた酒、ということですが、伝説やおとぎ話の類みたいです。 というわけで、ペンタブの練習とLINEスタンプ宣伝を兼ねて、白仙人と猿の酒席の様子を描いてみました。 白仙人LINEスタンプ…

ムクゲ

過ごしやすくなってきましたね。 ムクゲ まぎらわしい植物 ムクゲとフヨウ 槿(ムクゲ)と芙蓉(フヨウ)。花はそっくりですが、葉を見るとムクゲが縦長なのに比べ、フヨウは大きく広がっています。 ヤマボウシとハナミズキ 遠目に見ているとよくわかりませ…