読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やへむぐら 季節のイラスト

無料イラストと日々の雑感

毒茸

歳時記

 日本に自生する毒茸で一番危険なのがドクツルタケだそうです。食後、腹痛などの症状が出ますが、いったん治まって、一週間ほどしてから肝臓や腎臓の障害が現れるそうです。

 怖いですね。(美味しいらしい)

Inkscape使用フィルター
キノコのかさ [マテリアル]ー>[3Dマーブル]
キノコの柄  [テクスチャ]ー>[しわしわのプラスティック]

毒茸 毒茸

 

 毒を持つ植物はけっこう身近にたくさんあって、キョウチクトウアセビなど庭木にしている方も多いと思います。

 ルース・レンデルの小説には、ときどき中二病みたいな男の子が出てきて、いい味だしてます。

「毒を愛した少年」という短編には、植物から毒を抽出するのを趣味としている男の子がでてきます。その子はそれを使ってどうこうしようという気は全くないのですが、悪い大人に使ってしまわれた(かもしれない)という話です。

 彼は、チョウセンアサガオベラドンナなど、その辺に生えている植物から溶液をとっていました。