読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やへむぐら 季節のイラスト

無料イラストと日々の雑感

LINEスタンプ 猫じゃ!

LINEスタンプ

LINEスタンプ 猫じゃ! 販売開始

 

yaemugura.hatenablog.jp

 

f:id:naobim:20160721233152p:plain 先日お知らせしました猫のLINEスタンプをリリースいたしました。
 全編猫だらけ。ほぼモノクロの文字なしスタンプです。
こちらからご覧ください。

 

f:id:naobim:20160721232612p:plain

 その中から、ゆっくり振り向く猫を4つのスタンプで表現してみました。

 ノラネコを見つけて写真を撮ろうとすると、たいがいこんな顔をされます。

 相手に圧をかけたいときにいかがでしょうか。

かわいいのもありますので、よろしくお願いします。

海芋

季節のイラスト

 海芋(カイウ)より、カラーという名前のほうが一般的ですね。存在感のある白い花ですが、ほんとうは中心部の黄色い棒のようなところが花です。カラーという名前は、花が襟(Collar)のようだからだそうです。

海芋 海芋

 

 この間、図書館で「訓蒙図彙」(きんもうずい)という江戸時代の図鑑みたいなものの復刻本を見つけました。

江戸のイラスト辞典 訓蒙図彙

江戸のイラスト辞典 訓蒙図彙

 

 1000ページ以上ある分厚い本で、各項目にすべて絵と説明がついています。カテゴリは「天文」「地理」「居処」「人物」「身体」「衣服」「宝貨」「器用」「畜獣」「禽鳥」「龍魚」「虫介」「米穀」「菜蔬」「瓜蓏」「樹竹」「花草」と多岐にわたっています。

 この本が出た後、〇〇訓蒙図彙という本がたくさん作られたそうで、その種の本のさきがけといえるものらしいです。

 「人物」カテゴリでは、「僧侶」とか「商人」とかいろいろな職業が並ぶ中に「鬼」があったり、「天文」カテゴリでは、星座の図がある一方、「月」の項ではうさぎが餅ついてたりして、つっこみどころ満載ですが、資料としても鑑賞用としてもすばらしいと思いました。

 貸出しはしていないようなので、「買っちゃう?」と、思わず裏表紙を見ると、15,000円。ぬぬ・・・。

 しかし、後でネットを見ると国立国会図書館デジタルコレクションに原本の画像が公開されていました。紙の本で手元に置きたいのはやまやまですが、せっかくただで見れるんだもの。国会図書館さんありがとう。

やへむぐらのイラスト

イラスト

 おかげさまで、当ブログも一年以上経ちました。今後もゆるゆる やっていきたいと思います。

 やへむぐらに載せたイラストのまとめです。

季節のイラスト

季語を題材にしているものが多いです。歳時記に合わせて「春」「夏」「秋」「冬」と「新年」に分けています。

新年のイラスト 01_新年のイラスト
春のイラスト 02_春のイラスト
夏のイラスト 03_夏のイラスト
秋のイラスト 04_秋のイラスト
冬のイラスト 05_冬のイラスト

その他のイラスト

naobim on pixabay

f:id:naobim:20160401092416p:plain naobim on pixabay

猫イラストが多いですが種々雑多な内容となっております。

背景素材

06_フリー素材 背景素材 on フォト蔵

シームレスパターンを主とした背景に使えるイメージです。

年賀状

年賀状 年賀状 on フォト蔵

310x480pxのはがきサイズの年賀状用のイラストです。

ご利用について

 なおびむのイラストは「pixabay」と「フォト蔵」に置いています。

pixabay.com

  pixabayの画像は全て「パブリックドメイン」で公開されています。営利目的での二次利用、改変を許可しています。ご利用の場合の連絡も不要です。

 各画像のページで「無料ダウンロード」ボタンをクリックすると、サイズを選んでダウンロードできます。

 

photozou.jp

 上で紹介したフォト蔵のイラストは「CCライセンス(表示)」で公開していますが、クレジット(作者、タイトル等)の表示は不要です。ご自由にお使いください。

 オリジナルサイズでのダウンロードの方法はこちらをご覧ください。

キャラクター紹介 猫のLINEスタンプ作成中

LINEスタンプ

 猫スタンプが巷にあふれているのはわかっているのですが、自分の中の猫ブームが続いているので猫の顔のスタンプを作成中です。(LINEスタンプで儲けることはあきらめました。)

 作り始めてみると、一匹の猫で40の表情を描き分けるの無理っぽくて、気が付けば5匹の猫になりました。

f:id:naobim:20160711144928p:plain いたずらっこのチビ猫
f:id:naobim:20160711144942p:plain おしゃれな姐さん猫
f:id:naobim:20160711144952p:plain ドヤ顔のイケメン猫
f:id:naobim:20160711144958p:plain お嫁さん募集中のドラ猫。つのだじろうタッチになってしまった。
f:id:naobim:20160711145031p:plain 貫禄はあるけど・・メタボ気味猫

 このメンバーでなんとか40個作ろうと奮闘中です。

蓮の葉

季節のイラスト

 季語で、蓮の葉が水面に浮かんでいるのが「蓮の浮葉」、水面から伸び出ているのを「蓮の葉」というそうです。

f:id:naobim:20160708230242p:plain蓮の葉

最近欲しい物

 画像による歳時記みたいなものを作ってみたくて、いろいろイラストを描いていますが、身近にある題材はできれば写真に撮りたいと思っています。

 でも、どうもうまく撮れず、後でトリミングしたり、輝度やコントラストを変えたりと邪道な小細工をしてみたりしますが、どうしても無理なのが背景ぼかしです。やはり一眼じゃないとだめなのか・・・。

 どのカメラがいいのか全然わからないので、とりあえず、写真投稿サイトに載っている写真を見てみると Canon EOS 7d で撮ったものに素晴しい写真多かったです。しかしこのカメラ、プロも使う高級品らしく、初心者がいきなり使うものではなさそうです。以前知り合いがゴルフクラブのことで「飛距離は金で買うもんだ」と言っていましたが、ある程度技術を身につけてから道具に金をかけるべきかと思います。

 また、ヘタレなので重いカメラを持ち歩けないんじゃないかという気がします。

 そこで、ミラーレス一眼ならどうだろうとただいま検討中です。カメラ売り場をうろうろして見つけたオリンパスの pen-F が超しぶくて気に入ってしまいました。ただ、持つところが平坦なので、グリップ付きの PEN Lite のほうがいいかなあとも思います。

 趣味にお金をかけない というポリシーが崩壊寸前です。

 

半夏生

季節のイラスト

 夏至から十一日目にあたる日を半夏生(はんげしょう)といいます。この日までに田植えを終えるとされていました。語感からはしっとりしたものを感じます。こんなタイトルの演歌ありそう。

 手持ちの歳時記では時候の季語として載っていましたが、植物にもこの名前をもっているものがあります。

 イラストのハンゲショウドクダミ科の多年草で、この名前は、半夏生の頃に花が咲くからとも、葉の一部が白くなる(半化粧)からとも言われています。

半夏生 半夏生

 一方、カラスビシャクというサトイモ科の植物もハンゲ(半夏)という名前を持っていています。こちらも半夏生の時期にマムシグサのような仏炎苞が伸びてきます。

 

 ちょっと名前が似ているのはユウゲショウというマツヨイグサの仲間です。漢字では夕化粧でしょうか。そこらじゅうに咲いているので写真に撮ってみました。帰化植物ですが、明治時代には入ってきていたそうです。

ユウゲショウ ユウゲショウ

夕顔別当

季節のイラスト

 夕顔別当はエビガラスズメなど、スズメガ科の蛾の異称です。ホバリングしながら夕顔などの花の蜜を吸う様子はハチドリのようですが、エビに羽がはえて飛んでいるようにも見えます。

夕顔別当 夕顔別当

 夕顔別当という名前の由来を知りたかったんですが、なぜ”別当”なのかはよくわかりませんでした。いま風にいうと、「夕顔長官」とか「夕顔次官」といったところでしょうか。

  • 夕顔に集まる虫の中でも、恰幅がよくてちょっと偉そうだから?
  • 昔の官吏の束帯姿が蛾に似ているから?

などと推測してみました。

 

 東京でもオオスカシバなどの幼虫は見かけるんですが、成虫はなかなかお目にかかれません。